2012年1月 7日 (土)

ある勉強会への参加

自分である目的の勉強会に通う毎日です。今後の勉強会後私、その後の方針を新の役割は決定権がなく自分として名言出来る立場にありませんが私の今の目標は自分の役割を果たす事だけです。気仙地区は企業経営者の上司以外決定権がなく公務員も基本的には同じようなものがあります。何の場合であれ自治体と年齢と男女の違いがあっても相手を自分なりに褒める敬意を評する喜ばせる必要性は当然です。臨機応変な姿勢を低姿勢を上司にどのような厳しい指摘をされても上司の為に目上の方に出来る範囲内の役割を果たすのはもちろんであり自分なりに自分なりの目標を上司にきっちりと 伝えながらの動きの必要性はもちろんです。

2012年1月 6日 (金)

20年前の思い出。

ある場所で20年前の知り合いのような方にお会いして「私の挨拶の返事」に誰もが答える方法でなく「東北三県」を北三区と答える方の記憶を思い出しました

当時の勤務会社の常務「現社長」と判断お引き取りに社長ではなく別の取引先の方でした。


お会いした場所にて 当時叱られた言葉を振り返るとなんと多分当時に指摘された事が正解でした。

当時仕事に関する事 での古い思い出が出て来ました。

2012年1月 4日 (水)

出稼ぎ労働者と嫁の立場。

東日本大震災発生の影響から出稼ぎ労働者のUターンピーク傾向に異変がある今年です。


短期間で例年以上に家族に対する配慮を、嫁はもっと大変です。


短期間の滞在だけにいとこ全体に気配りをする間もないのが現実でしょう。

2012年1月 3日 (火)

帰省ピーク始まる。

新たな新年も始まり帰省ピークが始まっております。想定以上被災地郷里に里帰りする方々が震災発生後初のお正月でありながらも多いように見えました。

被災地復興軽々しく語る事は簡単ですが実現の為には被災者の方々に労働意欲が一日も早く生まれて欲しいものです。

今回の震災は天災であり国、県、自治体 誰の責任でもありません。

弟夫婦が帰宅。

京都府在住弟夫婦が30日に帰省しましたが本日3日早朝に京都府へ向かい自動車で帰りました。


未曾有の東日本大震災発生の影響なのか今年は帰省ピークがいつもより早いようなテレビでの報道も ありました。


お盆休みの僅かの時間また家族全員で過ごす為にも今から夏休みの帰省を期待しております。


義妹も早いもので家に嫁いで約15年目です。またの帰省を期待してます。

新春。

新たな新年度を迎え二日目です。議員のみならず被災地に住田町民議員が果たす役割は何なのでしょうか

新春。

新たな新年度を迎え二日目です。議員のみならず被災地に住田町民議員が果たす役割は何なのでしょうか

2012年1月 2日 (月)

弟夫婦が明日に京都府へ

弟家族が明日の早朝京都府に自動車で向かいます。


いとこ「母の妹の二男」が女性教員のお婿さんになっている人がいるので電話して弟と話しをさせました。弟は無表情で 喜んでいる様子に見えました。


同じ地域であった為陸前高田市出身歌手千昌夫氏後援会長、 衆議院議員内閣総務 副大臣黄川田徹後援会前竹駒支部長の息子です。

2012年1月 1日 (日)

今年も元旦です。

新年あけましておめでとうございます今年も元旦になりました。元旦恒例年賀状が昨年の震災発生の影響により例年より少ない枚数が届きました。どの年賀状にも今年は「おめでとうございます」のメッセージがないのが特徴です。


大物政治家元秘書で水沢事務所にいた彼から久しぶりに震災発生の影響を配慮した年賀状が届きました。


彼は大阪吹田市在住になるので大阪何区 になるかわかりませんが民主党公認衆議院議員出馬候補者になります。

2011年12月31日 (土)

新年あけましておめでとうございます。

携帯電話、メールの通信傷害が発生する以前に発信させていただきます。


未曾有の東日本大震災発生が発生した意味でも今年は大変な年でした。


個人的にも同じ場所に5分前まで普通に会話していた方5名 が震災発生津波被害の犠牲者として死亡するなど自分として悲しい年になりました。


間一髪他界した母が守ってくれた自分の生命と人間の価値観の大切さを実感しながら今後生きたいと思います。

«新年あけましておめでとうございます。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ