« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

夏の高校野球岩手県大会が終わり。

今年も夏の甲子園大会本県代表一枚の 切符の獲得をかけて争われた第93回全国 高校野球岩手県大会は花巻東高校、盛岡第三高校との間で決勝戦が行なわれ花巻東高校がニ年ぶり六度目の夏の甲子園大会の出場を決めたようです。

充実した指導スタッフ体制に何よりも他校の分析を確実に行い相手チームを研究して臨む花巻東高校の体制が甲子園出場を導いたように思います。


今年も夏の大会で公立高校が私学高校を撃破する試合がいくつかありました。
沿岸南地区の釜石高校は昨年度優勝の一関学院を撃破したのも嬉しいニュースでした。

同校長先生は住田町出身県立住田高校から釜石高校校長先生に就任された方で指導者は校長先生の教え子さんであるだけでなく前任地の高校では私の甥の面倒を見て下さった方でもあり私もそれがご縁でお知り合いになる事が出来ました。
また盛岡第三高校の指導者は同校卒業生で在校中に甲子園の土を踏んだ指導者です。

この方と一緒に甲子園に出場した選手は私の甥【母の弟の息子】であるだけに、同校の躍進を嬉しく思いました。

甲子園に出場した私の甥は宮古市河南中野球部指導者で一昨年選抜、夏の甲子園で活躍した花巻東高校の小柄な2番打者佐藤亮平選手を指導 しました。佐藤君は将来指導者を夢見て日本体育大学に震災しましたが、震災で自宅が被災した為か 自らの尊い一つしかない命を自分で経ったのが残念でなりません。

私の親族は何故か甲子園に縁がある方が多くいるのが現実です。

父の叔父さん【私の お祖母さんの兄】は 現在の京都大学を卒業して北上市にある県立黒沢尻工業高校の校長就任時に同校は甲子園に出場しました。

同校の卒業生に父方 の親族にお婿さん入りした方は黒沢尻工業高校で夏、春と甲子園大会出場を果たしたさいに部長で甲子園のベンチ入りしました。

高田高校の監督に就任後高田高校を春の県大会で優勝に導き 住田高校部長で退職しましたが今年の東日本大震災で犠牲者となり他界したのが残念でなりません。

2011年7月28日 (木)

高校野球県大会が終わり。

夏の甲子園大会岩手県代表一枚の切符 の獲得を争う第93回 全国高校野球岩手県 は花巻東高校がニ年 ぶり六度目の甲子園大会の出場を決めて大会の幕を閉じました。

花巻東高校と言う私学高校である現実の評価以前に私学高校、公立高校問わず各高校の指導者の皆さんは家族の理解を得て家庭を犠牲にして子供達と練習に励む現実を先ずは試合結果以前に理解しなくてはなりません。

県教委が【公立高校推薦入学制度】を復活を決めた事からも本県高校野球界の私学高校、公立高校の格差解消が進んで来ました。

今年も本番の夏の公式戦で私学高校を公立高校が撃破する試合が何試合かありました。

釜石高校が昨年優勝の一関学院高校を下しました。

盛岡第三高校が準決勝で強豪の盛岡大学付属高校を下しました。

盛岡大学付属高校は 今年で10年連続ベスト四入りで県内の私学高校はもちろん全ての学校にない安定した実績を夏の大会は記録している強豪校です。

公立高校推薦入学制度の復活後夏の県大会で気仙地区公立高校が今年度に優勝を決め甲子園大会出場を決めた私学高校などニ年連続私学高校を撃破しました。
昨年度春の大会一回戦でも昨年度優勝の私学高校を撃破した事から気仙地区どの高校にも甲子園出場のチャンスはあります。

2011年7月26日 (火)

人間の素質。

人間生きる為には何が必要なのでしょうか、難しい話しのように聞こえる場合があるかと思いますが結論は単純明快です。

基本的に今のご時勢健常者、障がい者の立場に関係なく個人それぞれが生きる為 の努力を公平にどのように役割を果たすのかが重要になります。障がい者の方の多くは【基礎年金】を受け取りそのお金を生活の全てのものとします。基礎年金は生活費の名目で障 がい者の方に支給されるお金ですがそのお金を煙草購入費、飲酒代、娯楽予算に遣う現実にも問題があります。また労働は他人の為に果たす義務ではありません
あくまでも自分の為です。【社会の歯車になり労働する必要性はない】との発言を聞いた事がありますが労働義務の行使は他人の為にあるものではありません。
自分の立場に対する権利ばかりを主張するものでは決してあってはならないと思います。

社会的に大卒者を【優秀な人間】と表現しますが大卒、高卒の人間を同じまな板で比較した場合、社会人としての素質は全く別の問題です。
社会には市町村首長に高卒の人間もおります。

現職国会議員に中卒の参議院議員議員がおります。

演歌歌手でも中卒の演歌歌手の方は少なくありません。

今や全国的な知名度ある演歌歌手に成長した大船渡市出身の新沼謙治さんは中卒の演歌歌手です。
陸前高田市出身で今回の震災で実家が被災した千昌夫さんは水沢一高中途退学の同じく演歌歌手です
有名大学を出て唄い 手さんを目指しても 優秀な作曲家のレッスンを学んだてしても、新沼、千さんのレベルの唄い手さんになれない方が多くのが現実です。

そのような意味からも大卒の人間が【社会人の素質あり】と判断するように見える社会風習は疑問なものがあります。

三者面談解禁。

今年もどの中学、高等学校でも来春の卒業生の進路を考える三者面談が解禁されたようです、

自分の経験の意味からこの時期に来春以降の進路に迷っている学生はあり得ないと考えます。

今年は震災の影響で基本的に被災地、関連自治体との公立高校の志願者数値の変動を予想して第2次高校再編計画の凍結を決めた県教委です
気仙管内では春先に東日本大震災と言う大規模災害が発生しましたが子供達の志願者数値は大きな変動はないものと判断します。

学校説明会の開催を控えている今の時期ですが、高田高校な ど来年度の通学無料スクールバスの運行方針次第で進路の選択肢の若干の変動はあると思います。
学校側の説明会開催以前に来年度の無料スクールバスのあり方を憶測発言は出来ないものがあります
県議会では9月に今年度の決済特別委員会が行なわれます。
陸前高田市当局の第 2の街づくり方針の素案策定は11月を予定しているようです
県議会は例年9月に【決済特別委員会】を行い今年度予算の見直しをします。県教委が議会当局に今後スクールバスの無料化制度をいつまでどのように続けたいのかの意向次第で、来年以降の無料スクールバスの配置を今年度同様配置を判断するのは県議会としても難しくなるだけにそれだけが心配でなりません。

今後の陸前高田市。

東日本大震災の甚大な津波被害を受けた被災地陸前高田市
戸羽太市長は今後の自治体運営の明確なビジョンを出し兼ねている現在の段階です。震災を受けても【自立の街づくり】を継続する考えには建設的意向を戸羽市長には期待したいものです。

陸前高田市民のおもい、おもいの見解を重視しても市民の想いだけでは自治体の運営は続きません。
被災した区域からは固定資産税収の徴収は不可能になります
市民に被災した区域 を国の買い上げ、代替え地を希望する意見は少なくありません。

国に赤字国債を増やし増税を覚悟しているのでしょうか。
国の財政難の根本的理由のひとつに県、市町村も最後は【難問は国にお任せします】と言う姿勢です
納税義務をきちんと果たし政治不振に関係なくどの選挙にも投票なさる方が語れる話しです。

納税義務、どの選挙にも民意を投じる原動がない方には発言の権利はない、と厳しい指摘のようですが現実です。

2011年7月25日 (月)

住田町議会議員選挙 告示を前に、

任期満了に伴う住田町議会議員選挙は9月に告示されます
水面下で現職議員を中心に今回選挙戦を協議した結果、出席者全員今回の選挙は 【無競争選挙】ではないか、との考えで 一致し宣車廃止の選挙を決めたようです
陸前高田市は東日本大震災の甚大な津波被害を受けた被災地 である事から宣車の廃止を決めたのは妥当な判断です。

ですが新人候補者は従来通りの選挙戦を考え宣車を出す意向です。

被災地でもない住田町が宣車廃止を決めた理由の本音は選挙をしたくない理由にあります。

自治体議員選挙は政党所属は別として、地域密着型選挙です
選挙は【事前運動で決まる】の一般論はありますが今のご時勢、決してそうではありません。

選挙となると中央の プロウグイスさんが自治体入りします。
プロウグイスさんは有権者の心を掴む為の勉強を常々考えて僅かの選挙期間中に 有権者の大切な一票をマイクを持つ候補者に確実に投票するテクニックの勉強を しているだけに、ウグイスさんの宣車の 手話を評価して投票する時代でもあります。

2011年7月24日 (日)

花巻東高校ニ年ぶり六度目の夏の甲子園大会出場。

東日本大震災発生から四ヶ月今年も岩手県営球場を主会場に第93回全国高校野球岩手県大会決勝戦は花巻東高校と盛岡三高の間で決勝戦が行なわれて5対0で 花巻東高校が勝利してニ年ぶり六度目の夏の甲子園大会出場を決めました。

一昨年の甲子園大会での花東フィーバーからニ年ぶり、今年は故障で大型右腕のエース大谷なしで優勝した花巻東高校でした。

エース大谷はニ年生ストレートスピード最速151キロのボールを持つメジャー注目の右腕です。

打っても4番のチームの大黒柱、大谷君の好投で今年も花巻東高校の甲子園フィーバーを期待したいものです。

面白い電話応対○○さん、その2

先程のアップでは 天候の字を転校と間違えた私です。
改めて心をこめて、出張には気をつけて言って来るように。
電話の応対にあったようなトンチンカンな電話応対のような電話応対の失敗がないように。

明日も頑張れ○○、

訂正。

転校ではなく天候です。失礼しました

面白い電話応対○○ さん。

いつも電話している○○さん。電話に 出るさいにトンチンカンと言って良いのか面白いと言って良いのか表現の仕方はとても難しいものがありました。

本人いわく疲れているとの事ですが笑う余裕があるので大丈夫と確認出来ました
明日は仕事は早朝から出張の事、お元気で。真夏日の転校なら熱中症に注意しなさい。

2011年7月23日 (土)

被災地の一日も早い復興実現条件。

東日本大震災発生から約四ヶ月以上が経過しました。

被災地は【震災特区 】即ち権限移譲を求めているのに対して国も積極的な姿勢のようです。

国が余りに権限を持参している日本の政治の仕組みの矛盾はあります。

陸前高田市に例えるとこれまで高田松原は県の管理の責任もありました。

高田松原の過去にあった松の木一本伐採するにしても文化庁の承諾が必要な現実があったのも事実です。

誰が考えても一般的には矛盾なものがあります。

ですが余りの大災害である事から世論に国の対応責任を主張します。

ですが震災特区を求めている被災地に国 が地元の意向を無視して震災対応に入るわけにはいかない現実もあります。

先ずは被災地自体が第ニの街づくりをどのように進めたいのかの青写真がなくては街づくりの復興は進まないと私は考え ます。

宮澤さん申し訳ありません。

宮澤さん申し訳ありません。
スターバックスの 一番綺麗な女性の宮澤さん、いっちゃんとの撮影に応じていただきありがとうございます。

米崎中学校グランド仮設住宅前にて

米崎中学校グランド仮設住宅前にて
かの有名なコーヒーショップチェーン、スターバックス松 本さんといっちゃんです、

松本さんいっちゃんの為にありがとう。

米崎中学校グランド 仮設住宅にて。

米崎中学校グランド 仮設住宅にて。
米崎中学校グランド前の仮設住宅でボランティア支援に汗を流されていた方です、

陸前高田市政に対する地域の代弁者の方です。氏名をわかる皆さんは地元に多いように思います。

一生懸命に真面目なこの方を私も大好きです。

県のトップリーダーから電話が。

岩手県選挙管理委員会は震災の影響で 岩手県知事選挙、県議会議員選挙の告示を決めたようです。
八月末に岩手県知事選挙が告示されます。

昨日現職県のトップリーダーから電話がありました。

今回の選挙も宜しくお願いします。との事でした。

三ヵ月も前になります。与党東日本大震災復興特別委員会委員長衆議院議員公設秘書の葬儀の際にはご夫人ともお会いしました。

ご夫人は相変わらず笑顔がお似合いの山口県萩市出身関西外国語大学卒業の日本航空元チーフパーサーと記憶しております。

いつもの笑顔が【旦那を宜しく】と暗黙の了解と受け取っております。

話しは別になりますがエンジ色のプリウスを運転する彼女は 私もいつも好感を持ってます。

2011年7月22日 (金)

今年も三者面談の時期。

今年も中学高等学校来春卒業生の三者面談の時期です。
例年今の時期に子供達が進路を悩んでいる事などあり得ないと自分の経験からもそのように断言します。

ですが今年度に限り震災の影響で例年より様相は一転しているものと考えます。
高校生の大学進学率が向上する事からも中学校教諭の方々は進学高校進学を子供達に勧めます。

行政職員、教員の方 も同じです。

昔はそれでも良かったのかも知れません
大学進学の為には高校教員の指導力もあると思います。

ですが最終的には本人の努力次第です。
今の子供達が大学進学を希望する、親子さんが入学を一般的と判断する明確な理由はどのような理由なのでしょうか。
進学高校に進み周りが大学進学だから何となく大学進学と考える子供達、

少しでも良い企業に就職をと願う親子さんの気持ちなどもあると思いますが、今のご時勢就職活動も難しい事から就職活動の先送りの判断の割合も多いと思います。

いくら有名大学を卒業しても高校卒業生と比較して社会人の素質はまた別の問題です。

明確な目標なしでの大学進学は本当に子供達にメリットがあるのか親子さんも考え、進学高校入学が全てと判断する社会的風潮は大いに疑問を感じるものがあります。

日本赤十字秋田看護大学第八陣目の皆さんです。

日本赤十字秋田看護大学第八陣目の皆さんです。
今週も秋田美人で有名な秋田看護大学の皆さんの八陣目の学生さん達がボランティア支援にお見えになりました。

今回は学生の皆さんのテスト期間と言う事で先生三名と在校生は僅か三名の皆さんだけでしたが本当に避難所の皆さんは今回も元気を沢山頂戴したと思います。
今回お見えになられた学生さん三名も皆さん相変わらず秋田美人に変わりありません。

今回の皆さんのブログアップは六回目になりますが美人の先生一人とダンディな先生ニ名に美人とダンディを理由に写真入りを笑顔でお断りされました。

その後に先生方と生徒さんの記念写真の撮影をお願いされる撮影させていただきました。


眼鏡美人の先生は【ブログに入る価値はありませんから】と言われましたが美人の先生だけに入って欲しいおもいはありました。

本当に日本赤十字秋田看護大学、短期大学の皆さんにはお世話になった旨を本部長さんは喜んでおりました。

2011年7月18日 (月)

釜石高校野球部勝利おめでとうございます。

今年も夏の甲子園大会本県出場権一枚の切符の獲得をかけて争われる第93回全国高校野球選手権岩手県大会が盛岡市の岩手県営球場を主会場に開催されております。


沿岸南地区の高校が 次々と初戦で姿を消している今年の夏の大会です。


学校の統合などで、大槌町から陸前高田市までの高校七校が 沿岸南地区として予選を戦うようになり 今年で四年目になります。


昨秋住田町運営公園 球場を会場に行なわれていた秋の予選に釜石高校は部員不足 の意味でも敗れたイメージはありました 。


見事にチームを再建し今春の春の地区予選で全国的にメディアが甚大な被災地、被災高校と取り上げる高田高校との対戦を同じ環境を見せつけるようなプライドで勝利した釜石高校さんでした。

本日の試合は昨年度優勝の私学実力高校の一関学院高校を大 逆点で退けました。 おめでとうございます。

生徒達をこれまでに導いた同校野球部監督さんにも経緯を評したいと思います。

前任就任高校で私のいとこの息子のお世話を頂戴し、昨年度 住田町出身の校長先生の教え子さんでもあり私個人としても嬉しい限りです。


いつもお会いした際に感じるものとしてとても好印象がある監督さんでした。


ちなみに沿岸南地区 各校の野球部長、監督さんなどは全員そうなので全ての高校にエールを送りたいと思います。

なでしこジャパン世界一。

本日18日の早朝からドイツで行なわれていたWカップ世界女子サッカーでなでしこジャパンは宿敵米国と対戦しておりました。

米国とは25度目の対戦、日本は一度も勝利した事がない宿敵です。初の米国戦勝利ですが価値あるWカップと言う本番の大会で勝利したのは価値ある一勝でした 。


ディフェンダーの滝沢村出身日テレ所属の岩清水梓選手は岩手県の滝沢村出身です。


彼女のテレビ局出演を本県内の局はいずれも模索しているのは明らかですが、なでしこジャパンは九月一日からロンドン五輪のアジア枠ニつの出場権獲得をかけてアジア大会に望む為に岩清水梓選手の本県入りはまだ先の話しになりますね。

猛暑日の連日。

私の携帯に無料ブログの設定をしていただいたHさんへ、猛暑日の連続である事から【熱中症の予防】の声がけをしました。彼女は室内業務とは言え【外販の営業活動】を交代でしている日もあります。先日から暑さが始まり最近は猛暑日が続いている事から【熱中症予報対策】の為にも水分補給を互いにきちんとしようね。きちんと水分補給をしなさいよと互いに連絡を交わす毎日です。


社会的に【熱中症予報対策】は互いに誰にでも呼びかける時期です。


昨年度真夏日を迎え た時期に気仙地区の基幹県立病院には【熱中症患者】が16名 搬送された時点で、大船渡市前任市長さんは気仙全域に向けて【熱中症予防策】を訴えた昨年の経緯もありました。

2011年7月14日 (木)

日本赤十字秋田看護大学、短期大学混成チーム第七陣目の皆さんです。

日本赤十字秋田看護大学、短期大学混成チーム第七陣目の皆さんです。
高田第一中学校避難所には今週も秋田美人で有名な秋田看護大学、短期大学の皆さんが今週もボランティア支援の為にお出で下さりました

いつも皆さんは秋田自動車道秋田南インターチェンジから、本県錦秋湖サービスエリアで休憩なされて、北上、江釣子ジャンクションから東北自動車道に乗り、水沢、江刺インターチェンジを経由して種山峠を経由して、住田町曙公民館を宿泊拠点にして活動なされております。

残る一日をヨロシクお願いします。

日本赤十字秋田看護大学、短期大学混成チーム第七陣目の皆さんです。

日本赤十字秋田看護大学、短期大学混成チーム第七陣目の皆さんです。
もう高田第一中学校避難所では秋田美人で有名な秋田看護大学、短期大学の皆さんが今週も避難所でのボランティア支援にお見えになりました。


今回で七陣目になります。今回のチームの皆さんは先生3名 在校生13名の皆さん全員秋田美人の皆さんです、


いつもお出でになるコースは秋田自動車道秋田南インターにのり本県錦秋湖サービスエリアで休憩なされ北上、江釣子ジャンクションから東北自動車道に乗り、水沢、江刺インター で降りて種山峠を経由して住田町に入り曙公民館を宿泊先に 活動なされております。


残る一日ヨロシクお願いします。

2011年7月12日 (火)

夏の高校野球開幕を前に。

夏の甲子園大会出場権一枚の切符の獲得を掛けて争われる【第 93回全国高校野球選手権岩手県大会】の組み合わせ抽選会が先月末に行なわれ 参加出場校全ての組み合わせが決まりました。


先ず持って近年本県 高野連加盟私学高校に高野連の規則に触れるいくつかの問題が発覚しており全体責任とは言え処分の対象となり問題に何 の関わりもない部員などにも影響を与える問題がいくつか発覚しております。

学校の金字塔の看板を掛けてチームづくりをする私学高校にもある意味指導方針の改革なくして問題は続くように思います。


私学、公立高校共に指導者が指導出来安い環境づくりに地域も努力しなくてはいけないのかも知れません。


気仙地区の高校で手腕を奮った三名の教員指導者が気仙地区を離れ、甲子園出場 現職プロ野球選手投手を輩出した指導者

昨年度地元の小規模高校からプロ注目の投手を育てた指導者

昨年度から甲子園大会出場常連私学高校に公式戦で三連勝、 今回夏の大会でシード権を獲得した指導者いずれも気仙地区 の同じ高校で指揮官の経験はありますが 皮肉にも三名いずれも気仙地区で実績を出す事は出来ず異動先で実績を出している事から地域の指揮官への指導環境の理想的環境を作る必要性はあるように考えます。

2011年7月11日 (月)

被災地は陸前高田市 だけではありません。

千年に一度とも言われる東日本大震災 で甚大な被害を被り現在も犠牲者行方不明者数が県内一である事を理由に全国都道府県のメディアは陸前高田市を特筆する傾向があります

報道機関は事実を公表する責任と義務が あります。


私は三週間の期間を要して沿岸南部、陸前高田市から上閉伊郡大槌町までを歩きました。ある目的があったからです。全く第三者の立場から甚大な被害が大きかった自治体は上閉伊郡大槌町であると思います。


記者の皆さん自ら現地に足を運んで下されば事実関係が理解 出来ると思います。

2011年7月10日 (日)

全国都道府県支援団体の皆さんへ。

全国都道府県からの支援団の皆さん連日本当にお疲れ様です、そしてご苦労様です。


冒頭いきなりですが本日私の郷里でもある岩手県の素晴らしさについて少し述べさせていただきます。


今回津波で甚大な被害を被った沿岸地域を始め岩手県は本当に風光明媚な土地柄で海の幸、山の幸にも恵まれ、広大な自然の中で人々が慎ましくも真面目に暮らしているそう言う土地柄であります。


昔から偉大な政治家を輩出している土地でもあります。古く遡れば、奥州藤原氏の時代から東日本の政治の中心でもありました。


また近代に入りますと原敬さんを始めとして東北北海道では唯一総理大臣を4人輩出した県でもあります。


国会では東日本大震災復興の為の特別委員会が設立され既に審議が盛んに進められております。


与党は現職国会議員唯一被災地と同じ境遇の立場にある被災地陸前高田選出の、黄川田徹衆議院議員を委員長に選任、つい先日復興相後任人事に同じ岩手県選出の平野達男参議院議員を選任しました。

平野氏は参議院予算委員長、内閣府副大臣を歴任今回復興相就任となりました。

岩手県の沿岸地域はもちろん東北の沿岸地域の復興の為にも期待が持てる人事となったように思います。


この被災地復興と言う言葉はかつて関東大震災の時に復旧ではなく復興を目指すのだ、と語ったのは当時の東京都知事の後藤新平、この方も岩手県出身の政治家です。


そのような偉大な方々を輩出した土地柄ではありますが私は もっと誇るべき事は偉大な政治家よりもそれぞれの持ち場もち場でどんなに貫く ても自分の指命を最後まで命を掛けて貫いた方々今回震災でも沢山いたと言う事です。


そう言う方々が今も 被災地では懸命に戦っている事を全国の皆さんにご理解をお願いしたいものです。


岩手を始め被災地の皆さん宮城も福島もそれ以外の県も今後も全国都道府県の皆さんに末永いご支援を今後もお願いしたいと思います。


被災地の様々な支援団体の皆さんには現状のご認識をより以上に深めていただき被災地の支援を今後とも宜しくお願いしたいように思います。


被災地支援は一段落ではなく、まだこれからでもあります。

今後とも全国都道府県の皆さんに支援の継続をお願いしたいものです。

2011年7月 9日 (土)

昨日一日を振り返る

これから厳しい暑さが始まる意味でも【熱射病】などには誰もが注意を心がけなくてはいけない時期です。

天気予報では本格的な【梅雨の時期なし】でこのまま厳しい夏に入る予報が公表されております。

昨年は気象庁が始まり百年以上の歴史の中で観測史上例のない猛暑日が五月中旬から九月中旬頃まで続きました。その為にお年寄りを中心に全国的に多くの【熱射病】が原因で死亡する方がいた年でした。

昨年程の猛暑日の夏ではないとは思いますが改めて誰もが、【熱射病】などには充分注意しなくてはいけない時期の到来を日々感じるものがあります。

猛暑日の夏を期待するのは冷たい飲料水、アイスクリームなどを多量に販売を扱う各社コンビニ店舗なのかも知れません
昨年コンビニのアイスクリームのストッカーは連日夕方になると完売状況が当然の日が続きました。
今年も若い女性の方を中心に女性全般的に素肌の日焼けを嫌い注意を心がける時期の到来です。

素肌にシミが出る事を嫌う方々が多いようです。

素肌の美白は女性らしい証拠、また素肌クリームが大量に販売される事も震災の社会被害を受けた被災地の【波及効果の ひとつの要因】でもあります。いずれ、暑さ対策を充分に講じる時期の到来を感じるものがあります
自分自身暑さ対策の体調管理が原因で【体調不良】で寝込んだ事はありませんが、他人から見ると私の一本気な性格を心配して、厳しく口うるさい程度々他人から注意を促される時期の始まりです。皆さんが心配して下さるお気持ちを真摯に受け取め【熱射病】などの予防に注意したいものです。


男女年齢問わず互いに【暑さ対策】の呼び掛けも大切な時期であるように思います。

2011年7月 8日 (金)

これからの気仙地区

壊滅的津波被害で青森県から本県はもちろん宮城、福島そうです。それ例外の都道府県も今後末長い震災の被災地の復興の取り組みが必要であります。七月を目処に本県への【災害派遣支援団体】は自衛隊を含め大半の組織の撤退が予定されております。

被災地は津波被害で医師が死亡するなどして病院の医師が失なわれ無医村化している自治体も珍しくありません。

単純に【医師確保】 の方向性を国が打ち出す以前に医師を支える看護師の皆さん今後は過疎自治体であればこそ【専門看護師】さんの必要性はあるものと考えます。

今回被災地支援の為 東北全般的にも日本赤十字の組織の対応として付属の看護大学、短期大学の皆さんのお力、全国都道府県からおい出でなされている日本赤十字医療支援チームの皆さんには頭が下がる思いがあります。

古くは関東大震災と言う大規模災害がありました。【震災対応】を復旧ではなく復興と判断したのは当時の東京都知事、後藤新平【岩手県出身】の政治家でありました。


今回震災の取り組み は日本赤十字組織として後藤新平氏の言葉が生かされているように考えます。

被災地の災害対策本部幹部の評価でも日本赤十字さんの支援力は学生さんから看護師さんの皆さんまで医師を含め多大な戦力の評価がある意味で末長くいつまでも最後まで日本赤十字組織のご尽力を期待したいものです

県内へ現在派遣されている【医療支援チーム】の皆さんは過半数が赤十字医療支援組織の支援です。
被災地の地域医療支援の為に今後もご活躍を期待したいものです。

日本赤十字秋田看護大学、短期大学混成チームの皆さんです。

日本赤十字秋田看護大学、短期大学混成チームの皆さんです。
高田第一中学校避難所には今週も紺色の半袖チョッキに背中に赤十字のマークで避難所の皆さんにはお馴染みとなった日本赤十字秋田看護大学、短期大学の皆さんが今週も混成チームで避難所のボランティア支援にお出で下さりました。


いつも本当にご苦労様です、ありがとうございます。

今回は先生3名在校生17名総勢20名の方々の皆さんのボランティア支援でした。学生さん17名の中に頼りになる男性4名がおりました。虫暑い中での外作業をなされたりして本当にありがとうございます。


今回の皆さんも若い女性の皆さんだけに一人ひとりの笑顔の素敵なイメージは変わりありません。男性の皆さん全員イケメンなイメージが間違いなくありました。


夕御飯の配膳作業のお手伝いをなされて 五葉温泉に向かい、今日一日の汗を流して世田米の曙公民館に宿泊してお帰りになるのもお馴染みの予定です。


玄関前に皆さんに並んでいただき撮影させていただいた写真です。今回もお疲れ様した、ありがとうございました。皆さん全員一日も早く一人前の看護師さんになられる事を心からお祈りします。

日本赤十字秋田看護短期大学、葉書作業担当のお二人です。

日本赤十字秋田看護短期大学、葉書作業担当のお二人です。
避難所本部で秋田看護短期大学のお二人の学生さんが葉書作業のお手伝いをしていただいておりました。


お二人に若干の時間を頂戴して撮影させていただきました。

秋田美人のお二人です。皆さんヨロシクお願いします。

2011年7月 7日 (木)

頑張る被災地球児。

今日も住田町世田米バイパスを走ると昨年完成したばかりの住田町運営公園球場に夜間照明灯の灯りが見えます。

震災で学校の移転を余儀なくされた高校の野球部員諸君が練習環境を求めて連日盛んに汗を流す姿が今日もありました。

今回震災で気仙地区4高校全ての学校に被災者球児諸君がおります。


応急仮設住宅から学校に通学する子供達も少なくありません

それ以上に深刻な問題は震災で家族身内 両親などのいずれかを亡くした球児諸君もおります。


夏の大会の開幕まで残り僅かです。悲しみをこらえて練習に取り組む姿を拝見してとても他人事に思えません。


被災地の想いと自ら被災者の立場を白球に託し最後の一球一打まで試合結果に関係なく悔いの残らない試合を期待したいものです。

辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。

復興対策担当相就任の過信認識発言の理由が原因で、松本龍復興対策担当相が辞任しました。結論から言うと辞任は当然です、復興大臣の辞任だけでなく国会議員の一日も早い辞職判断は国会議員の立場のひとつのけじめです、松本龍衆議院議員の一日も早い国会議員の辞職を期待したいと思います。被災地岩手県、宮城それぞれの県庁を訪れ達増岩手県知事、村井宮城県知事への会談の発言の内容は国会議員として余りにお粗末なものがありました。


永田町では野党が菅総理大臣の【任命責任を追求する構え】のようです。


被災地の被災者の方 も同じ気持ちであるのは間違いない事実です。大臣辞任は当然の事であり、そうしなくては被災地の 被災者住民が納得しないと思います。

立場を辞任すれば良いと言う問題ではなく自らも【事実問題 】を認めた以上は一日も早い衆議院議員の辞任を期待します

岩手県庁での達増知事の会談内容は自らが【九州男児】を理由に【東北の被災自治体がどの県なのか分からない】と語りました。


東北の沿岸自治体を中心に大規模被害を及ぼした今回の東日本大震災ですが担当大臣がそんな甘い認識で良いわけがありません。その発言を前提に【知恵を出した自治体は助けるけど、知恵を出さない自治体は助けない 。その位の気持ちを持って】とも話しました。


その後宮城県庁を訪問した同氏は宮城県村井知事に【政府に甘えるところは甘えていい。こちらも突き放すところは突き放す。そのくらいの覚悟でやっていこう】と注文しました。

宮城県が国に要望を重ねている政策に関しては【県で意見集約をきちんとやれ。やらなかったらこちらも何もしない】と口にしただけでなく【お客さんが来るときは、自分から入って呼べ。自衛隊上がりで、分かっているだろう】と村井知事へ向け発言しました。


被災地の被災者の皆さんの立場で許される発言ではありません。本人の性格の言い訳も通用する言葉でもありません。


松本氏の大臣辞任後に岩手県達増知事は 記者会見で【辞任は当然の事、菅総理の任命責任も否定出来ない】とのコメントに重ね、被災地復興の政府の対応強化の為にも【菅総理大臣の早期退陣と政府の対応】を厳しく批判したようです。菅総理大臣自ら辞任を表明した事により民主党がほぼ一枚岩にて菅総理大臣の不信任案の否決を過半数に持ち込んだ民主党議員に対しお礼の姿勢ひとつない菅総理大臣です。


松本龍衆議院議員の退陣要求は東北被災地住民の総意であるであるだけでなく、全国都道府県有権者の共通用語と指摘しても過言ではありません。

国会議員を辞任する必要性は決して否定出来ない暴言でした。


松本龍衆議院議員は東北に二度と足を踏み入れるな、と同時に震災対応が強調されている国会で与野党問わず被災者の想いを理解出来ない国会議員全員辞任の必要性があるように思います。


与野党国会議員体質の現状は被災地に入っても被災地知事、被災自治体首長、避難所関係者だけに会い永田町に戻る政治を見ると何の為の国会議員であるのか、同時に選挙を間近に控えていながら地元の避難所の被災者に長い時間を要して耳を傾ける時間がないほど被災地自治体の自治体議員さんは忙しいのでしょうか。

被災の立場を免れた方々には特にそのように感じるものがあります。

辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。

復興対策担当相就任の過信認識発言の理由が原因で、松本龍復興対策担当相が辞任しました。結論から言うと辞任は当然です、復興大臣の辞任だけでなく国会議員の一日も早い辞職判断は国会議員の立場のひとつのけじめです、松本龍衆議院議員の一日も早い国会議員の辞職を期待したいと思います。被災地岩手県、宮城それぞれの県庁を訪れ達増岩手県知事、村井宮城県知事への会談の発言の内容は国会議員として余りにお粗末なものがありました。


永田町では野党が菅総理大臣の【任命責任を追求する構え】のようです。


被災地の被災者の方 も同じ気持ちであるのは間違いない事実です。大臣辞任は当然の事であり、そうしなくては被災地の 被災者住民が納得しないと思います。

立場を辞任すれば良いと言う問題ではなく自らも【事実問題 】を認めた以上は一日も早い衆議院議員の辞任を期待します

岩手県庁での達増知事の会談内容は自らが【九州男児】を理由に【東北の被災自治体がどの県なのか分からない】と語りました。


東北の沿岸自治体を中心に大規模被害を及ぼした今回の東日本大震災ですが担当大臣がそんな甘い認識で良いわけがありません。その発言を前提に【知恵を出した自治体は助けるけど、知恵を出さない自治体は助けない 。その位の気持ちを持って】とも話しました。


その後宮城県庁を訪問した同氏は宮城県村井知事に【政府に甘えるところは甘えていい。こちらも突き放すところは突き放す。そのくらいの覚悟でやっていこう】と注文しました。

宮城県が国に要望を重ねている政策に関しては【県で意見集約をきちんとやれ。やらなかったらこちらも何もしない】と口にしただけでなく【お客さんが来るときは、自分から入って呼べ。自衛隊上がりで、分かっているだろう】と村井知事へ向け発言しました。


被災地の被災者の皆さんの立場で許される発言ではありません。本人の性格の言い訳も通用する言葉でもありません。


松本氏の大臣辞任後に岩手県達増知事は 記者会見で【辞任は当然の事、菅総理の任命責任も否定出来ない】とのコメントに重ね、被災地復興の政府の対応強化の為にも【菅総理大臣の早期退陣と政府の対応】を厳しく批判したようです。菅総理大臣自ら辞任を表明した事により民主党がほぼ一枚岩にて菅総理大臣の不信任案の否決を過半数に持ち込んだ民主党議員に対しお礼の姿勢ひとつない菅総理大臣です。


松本龍衆議院議員の退陣要求は東北被災地住民の総意であるであるだけでなく、全国都道府県有権者の共通用語と指摘しても過言ではありません。

国会議員を辞任する必要性は決して否定出来ない暴言でした。


松本龍衆議院議員は東北に二度と足を踏み入れるな、と同時に震災対応が強調されている国会で与野党問わず被災者の想いを理解出来ない国会議員全員全員は辞任の必要性があるように思います。


与野党国会議員体質の現状は被災地に入っても被災地知事、被災自治体首長、避難所関係者だけに会い永田町に戻る政治を見ると何の為の国会議員であるのか、同時に選挙を間近に控えていながら地元の避難所の被災者に長い時間を要して耳を傾ける時間がないほど被災地自治体の自治体議員さんは忙しいのでしょうか。

被災の立場を免れた方々には特にそのように感じるものがあります。

辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。

復興対策担当相就任の過信認識発言の理由が原因で、松本龍復興対策担当相が辞任しました。結論から言うと辞任は当然です、復興大臣の辞任だけでなく国会議員の一日も早い辞職判断は国会議員の立場のひとつのけじめです、松本龍衆議院議員の一日も早い国会議員の辞職を期待したいと思います。被災地岩手県、宮城それぞれの県庁を訪れ達増岩手県知事、村井宮城県知事への会談の発言の内容は国会議員として余りにお粗末なものがありました。


永田町では野党が菅総理大臣の【任命責任を追求する構え】のようです。


被災地の被災者の方 も同じ気持ちであるのは間違いない事実です。大臣辞任は当然の事であり、そうしなくては被災地の 被災者住民が納得しないと思います。

立場を辞任すれば良いと言う問題ではなく自らも【事実問題 】を認めた以上は早期に衆議院議員を辞任するのが政治家の けじめなのかめ知れません。


岩手県庁での達増知事の会談内容は自らが【九州男児】を理由に【東北の被災自治体がどの県なのか分からない】と語りました。


東北の沿岸自治体を中心に大規模被害を及ぼした今回の東日本大震災ですが担当大臣がそんな甘い認識で良いわけがありません。その発言を前提に【知恵を出した自治体は助けるけど、知恵を出さない自治体は助けない 。その位の気持ちを持って】とも話しました。


その後宮城県庁を訪問した同氏は宮城県村井知事に【政府に甘えるところは甘えていい。こちらも突き放すところは突き放す。そのくらいの覚悟でやっていこう】と注文しました。

宮城県が国に要望を重ねている政策に関しては【県で意見集約をきちんとやれ。やらなかったらこちらも何もしない】と口にしただけでなく【お客さんが来るときは、自分から入って呼べ。自衛隊上がりで、分かっているだろう】と村井知事へ向け発言しました。


被災地の被災者の皆さんの立場で許される発言ではありません。本人の性格の言い訳も通用する言葉でもありません。


松本氏の大臣辞任後に岩手県達増知事は 記者会見で【辞任は当然の事、菅総理の任命責任も否定出来ない】とのコメントに重ね、被災地復興の政府の対応強化の為にも【菅総理大臣の早期退陣と政府の対応】を厳しく批判したようです。菅総理大臣自ら辞任を表明した事により民主党がほぼ一枚岩にて菅総理大臣の不信任案の否決を過半数に持ち込んだ民主党議員に対しお礼の姿勢ひとつない菅総理大臣です。


松本龍衆議院議員の退陣要求は東北被災地住民の総意であるであるだけでなく、全国都道府県有権者の共通用語と指摘しても過言ではありません。

国会議員を辞任する必要性は決して否定出来ない暴言でした。


松本龍衆議院議員は東北に二度と足を踏み入れるな、と同時に震災対応が強調されている国会で与野党問わず被災者の想いを理解出来ない国会議員全員全員は辞任の必要性があるように思います。


被災地に入っても被災地知事、被災自治体首長、避難所関係者だけに会い永田町に戻る政治家の体質を見ると何の為の国会議員であるのか、同時に選挙を間近に控えていながら地元の避難所の被災者に長い時間を要して耳を傾ける時間がないほど被災地自治体の自治体議員さんは忙しいのでしょうか。

被災の立場を免れた方々には特にそのように感じるものがあります。

2011年7月 6日 (水)

平野復興相に県内から期待の声。

昨日松本龍復興相 は自らの暴言が理由で辞任しました。岩手県の達増知事は【辞任は当然の事であり同時に菅総理大臣の早期退陣、任命責任】など内閣を厳しく批判しました。


後任には本県選出の内閣府副大臣の平野達男氏が専任されましたが先ずは県内では期待の声が大きいようです。被災地の復興条件は漁業はもちろん農林業を含めた基幹産業の再生が第一と語る平野氏です。


農水官僚の立場を捨て当時の自由党から出馬し、後に比例東北代表で衆議院議員を2期勤めた玉沢徳一郎氏に勝利して参議院議員に就任した平野氏です。


清潔なイメージがある平野氏ですが公務のお忙しさはあるとは言え地元に戻り選挙区を歩く姿勢は正に菅総理大臣と似たものがあるだけにそれだけは注意をお願いしたいものです。

政治家の体質として今回の震災でも被災地の知事、首長にお会いして永田町に戻る姿勢があるだけに平野達男新大臣にはそれだけは是非とも自らの判断でなくして欲しいように思います。

平野復興相に県内から期待の声。

昨日松本龍復興相 は自らの暴言が理由で辞任しました。岩手県の達増知事は【辞任は当然の事であり同時に菅総理大臣の早期退陣、任命責任】など内閣を厳しく批判しました。


後任には本県選出の内閣府副大臣の平野達男氏が専任され増したが先ずは県内では期待の声が大きいようです。被災地の復興条件は漁業はもちろん農林業を含めた基幹産業の再生が第一と語る平野氏です。


農水官僚の立場を捨て当時の自由党から出馬し、後に比例東北代表で衆議院議員を2期勤めた玉沢徳一郎氏に勝利して参議院議員に就任した平野氏です。


清潔なイメージがある平野氏ですが公務のお忙しさはあるとは言え地元に戻り選挙区を歩く姿勢は正に菅総理大臣と似たものがあるだけにそれだけは注意をお願いしたいものです。

政治家の体質として今回の震災でも被災地の知事、首長にお会いして永田町に戻る姿勢があるだけに平野達男新大臣にはそれだけは是非とも自らの判断でなくして欲しいように思います。

練習後の首脳陣の打ち合わせ。

練習後の首脳陣の打ち合わせ。
今日も被災地のグランドを無くした球児達が住田町運動公園球場で夜遅くまで練習に汗を流しておりました。


練習の終了後に首脳陣の打ち合わせの様子です。


大会の組み合わせも古豪との対戦が決まり、連日練習に熱が入る毎日です。


首脳陣の明日の予定はどのようなお話しをしているのでしょうか。


いずれ大会での活躍を期待したいものです。

平野復興相に県内から期待の声。

昨日松本龍復興相 は自らの暴言が理由で辞任しました。岩手県の達増知事は辞任は【当然の事であり、同時に菅総理大臣の早期退陣、任命責任】など内閣を厳しく批判しました。

後任には内閣府副大臣の平野達男参議院が専任されましたが先ずは県内では期待の声が大きいようです。

被災地の復興条件は 漁業はもちろん農林業を含めた基幹産業の再生が第一と語る平野氏です。


農水官僚の立場を捨て当時の自由党から出馬し、後に比例東北代表で衆議院議員を2期勤めた玉沢徳一郎氏に勝利して参議院議員に就任した平野氏です。


清潔なイメージがある平野氏ですが公務のお忙しさはあるとは言え地元に戻り選挙区を歩く姿勢は正に菅総理大臣と似たものがあるだけにそれだけは注意をお願いしたいものです。

政治家の体質として今回の震災でも被災地の知事、首長にお会いして永田町に戻るスタンスがあるだけにそれだけは是非とも改革をお願いしたいものです。

2011年7月 5日 (火)

松本龍復興対策担当相辞任後任に平野達 男内閣府副大臣就任

被災地三県知事に問題発言を残したとして就任早々辞任した松本龍復興対策担当相の後任に内閣府副大臣の平野達男参議院が選ばれました。自ら陳謝した発言の内容は【九州男児】を言い訳にしますがそのような現実を言い訳にするのも国会議員らしくはありません。

新大臣に就任したのは内閣府副大臣の平野達男参議院【岩手選挙区当選二回】が選らばれました。


平野氏は小沢グループ一員の国会議員です。


既に震災対応として 東日本大震災復興特別委員会委員長に、 現職国会議員唯一の多大な被災者、黄川田徹衆議院議員が就任し衆参両院特別委員会に出席しております。


平野新大臣の先輩で 同じ小沢グループの一員衆議院議員です

東日本大震災復興復旧の必要性を指摘しながら有権者の本当の想いを後回しに【政局優先】の野党の 現状を有権者が許すとは思えません。

ある被災地の女性の本音に震災対応の為に早期に菅総理大臣の退陣の必要性を主張すると共に本当の意味で被災地の想いを理解出来る被災者国会議員黄川田徹衆議院議員の総理大臣を真剣に主張する意見もありました。

民主党が総選挙で有権者にお示しした公約を多少の修正があったとしても小沢グループからの総理大臣就任が必要不可欠であるように思います。


今回の大臣就任で平野新大臣は来年度の参議院選挙に弾みがついたものと思います。


岩手県は過去の経緯から民主党の比例代表が再選した経緯はありませんが選挙区の再選は当然のように事例があるだけに 岩手県を中心に震災復興リーダーを黄川田徹衆議院議員、平野達男参議院が先頭に取り組む事は岩手県にも東北にもメリットはあるように思います。


ある自治体の女性被災者は被災地の想いを理解出来るのは同じ被災者の立場の黄川田徹衆議院議員の総理大臣就任を真面目に強調する被災者の方がおりました。

松本龍復興対策担当相辞任後任に平野達 男内閣府副大臣就任

被災地三県知事に問題発言を残したとして就任早々辞任した松本龍復興対策担当相の後任に内閣府副大臣の平野達男参議院が選ばれました。


平野氏は【岩手選挙区当選二回】の参議院小沢グループの一員の国会議員です。

被災地の震災対応は やはり被災地の国会議員が適任者である と思います。


既に東日本大震災復興特別委員会委員長に黄川田徹衆議院議員【岩手3区、当選4回】が専任されて おり被災地の震災対策に手腕を奮っております。やはり平野氏の先輩の小沢グループの衆議院議員です。ネットなどでは黄川田徹衆議院議員を【家族全滅本人だけ無事】の中傷文章が掲載されておりますが、黄川田衆議院議員には息子さん一名娘さん2名合計3名の子供さんがいるのが現実です。


岩手県は衆議院議員選挙区現職4名、比例代表1名の合計5名、参議院議員は選挙区現職2名比例代表1名の合計3名、衆議院、参議院合計8名の与党現職国会議員を永田町に送り、野党国会議員不在の正に【民主党王国】である事実の知名度は全国的なものがあります。


類似的民主党王国は愛知県であり互いに民主党王国である事から名古屋市長河村たかし元衆議院議員が盛んに被災地の陸前高田市に職員を派遣するなどして尽力を頂戴するなどしております。


震災復興の役割のトップに岩手県選出の国会議員が選出される事は岩手県としても喜ばしい事です。 本県の被災状況も充分に把握しているだけに是非甚大な手腕を期待したいものです。今回の大臣就任により平野大臣の来年の参議院選挙に弾みがつく事になると思います。

震災対応本県本部長には静岡県選出国会議員が就任しましたが地元を知らない本部長は意味がありません。


岩手県の本部長は、達増拓也元衆議院議員、現岩手県知事の後継者でもある階 猛【しな、たけし】衆議院議員が適任者であるのかも知れません。


野党は被災地の想い を他所に【権力闘争 】の有権者の民意は 決して野党に政権を譲る判断などはあるように思えません。

解散総選挙で国民にお約束した公約を民主党が守る為には多少の修正があったとしても菅総理大臣が一日も早く辞任して 小沢グループからの 総理大臣が必要不可欠です。


ちなみに地元の方ではありませんが被災者の想いを本当に理解する為の総理大臣は我々と同じ被災者の国会議員黄川田徹衆議院議員を総理大臣就任の必要性を真剣に主張する女性被災者の有権者意識がありました。

今の政局。

松本龍復興対策担当相の岩手県庁での 達増知事の会談で【知恵を出さないやつは助けない】などの言葉が波紋を及んでおります。


野党は任命責任追求の構えです。今の国会はそんな事をしている場合なのでしょうか。


松本龍氏の発言の引き金は菅総理が退陣しない事にもあります。


民主党が総選挙で国民にお約束した公約を守る為には被災地復興も含め小沢グループから総理大臣が誕生しなくては全てが無理です。


野田、枝野、菅など リーダーの方針が嫌なら民主党を離党して新党を作り自分の主義主張を貫くのがどれ程政治家らしい ものか。


野党は被災地のその日暮らしの被災者の気持ちを理解しろ。

2011年7月 4日 (月)

問題発言松本復興相

東日本大震災復興相に就任した松本龍 氏は3日岩手県庁、宮城県庁を訪れ、岩手県の達増知事、宮城県の村井知事と会談を交わしました。

松本大臣は岩手県庁前で持参して来たサッカーボールを達増知事へ向けて蹴るパフォーマンスを見せました。

達増知事がボールを受け取る姿勢は【運動苦手】の姿勢のように見えるものがありました。


自慢ではありませんが私は幼い頃から親元を離れ施設で野球部活動に取り組み、 40名以上部員がいた中で一年生からレギュラーポジションを獲得してプレーヤーとして3年間取り組んだ意味で達増知事はそのように見えるものがありました。

知事室に入り自らの発言は自分でどのように自覚していたのでしょうか。被災地 を助ける、助けないと言う発言は復興相 就任間近の発言として大臣の不信任に匹敵する発言です。

村井知事に対してもあの発言は復興相の立場として被災地住民の皆さんは出だしから松本大臣のイメージを悪くしたと思います。このような発言も国会議員全員への世論の批判につながる要因のひとつなのかも知れません

松本大臣への手腕は被災地住民はもう期待していないのかも知れません。


大臣として実務作業に入る前に避難所生活をする住民の皆さんに秘書などを動かし代理で被災者の想いを理解するべきであるように思います。

2011年7月 3日 (日)

お疲れ様した。

本日、高田第一中学校避難所には東京都内の若者の姿で賑わう街に事務所を構える民間企業の方々がアイパットを持参して避難所生活をする子供達との触れ合う姿がありました。

被災地にこのような支援活動をしている ようで以前には原発問題で揺れる福島県相馬市に自らの身の棄権を覚悟で被災地入りする皆さんの姿は感銘するものがありました。


皆さんどの方々を拝見してもやはり都心の若者の皆さんが鮮明に分かるものがあります。


グループの代表の方 は自分達がこれから被災地にどのような 支援のあり方が必要なのかこれまで被災地を歩き、総合的な検知の見解のビジョンをお持ちのようでした。


皆さんのご活躍を期待したいものです。

南部盛岡チャグチャ グ馬っ子がやって来ました瘀

南部盛岡チャグチャ グ馬っ子がやって来ました瘀
晴天に恵まれた本日の高田第一中学校避難所中庭には南部チャグチャグ馬っ子矢巾同好会の皆さん総勢26名の方々が名馬2頭を引き連れ、飾り付けした衣装のお馬さんに子供達を乗せてくださいました。


皆さんとても楽しそうでした。同好会の皆さんご苦労様でした。

2011年7月 1日 (金)

日本赤十字秋田看護大学、秋田看護短期大学の皆さんへ、

本日七月一日付で日本赤十字秋田看護大学、短期大学のボランティア支援のお手伝いの皆さんが、被災地陸前高田市の高田第一中学校のお手伝いを終了なされました。お疲れ様した。


前々回の看護大学、前回看護短期大学の皆さんに私の【個人ブログ】に掲載させてく為に活動を終えた玄関先で皆さん並んで撮影をお願いし二度ブログ掲載をさせていただきました。


今回の皆さんも同様のお願いをさせていただきましたが当方の写真保存入力ミスで今回写真掲載に至らなかったのが正直な所です。住田町世田米にある曙公民館を利用なされてボランティア活動に尽力を尽くされた事に陸前高田市出身、住田町在住の私の立場としても嬉しい限りです。


今回皆さんにお詫びしなくてはなりません。心から陳謝します。

来週訪れる皆さんに再度お願いするつもりでおりますが次回 現地入りする予定の在校生の皆さんに皆さん自らの分身の意味でアクセサリーでも何でも結構ですが預けて下さると幸いに思います。


若しくは秋田県に戻る為に公民館の掃除などをしている様子を時間があれば撮影させていただきたいように思います。

パソコンのURLコードでバーコードを登録されていた何名かの在校生の皆さんを始め皆さんには、携帯電話のインターネットで【吉田収のブログ】と検索していただければ幸いに思います。


皆さんのご活動の総括を最後に【論壇】 形で掲載させていただきたいと思っております。


尚パソコンでの検索方法は【ココログ】サイトから【吉田収のブログ】と検索して下さるといつでも確認が出来ます。ですが、携帯文章入力の為にいくつか誤字、脱字、二重文字がある事を前置きさせていただきます。


皆さん全員一日も早く患者さんに頼られる理想の看護師さんになられる事を期待させていただきます

日本赤十字秋田看護大学、短期大学の皆さんです。

既に陸前高田市第一中学校避難所では 黒い半袖チョッキと背中に赤十字のマークでお馴染み秋田看護大学、短期大学の皆さんが今回混成チームで再度お見になりました。


今回の皆さん全員はかつてない笑顔が良くお似合いの美人さんだけに写真公開は控えさせて頂きます

一日前の看護師さんになる前に夕食配膳作業をお手伝いする皆さん全員新米奥さんにも見えるからです。


今男性にモテると皆さん看護師さんの夢が途絶えてしまいますから。


今回は先生3名、男女の皆さん合わせて 総勢15名の皆さんでした。

写真添付なしはご理解を

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ