« 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。 | トップページ | 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。 »

2011年7月 7日 (木)

辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。

復興対策担当相就任の過信認識発言の理由が原因で、松本龍復興対策担当相が辞任しました。結論から言うと辞任は当然です、復興大臣の辞任だけでなく国会議員の一日も早い辞職判断は国会議員の立場のひとつのけじめです、松本龍衆議院議員の一日も早い国会議員の辞職を期待したいと思います。被災地岩手県、宮城それぞれの県庁を訪れ達増岩手県知事、村井宮城県知事への会談の発言の内容は国会議員として余りにお粗末なものがありました。


永田町では野党が菅総理大臣の【任命責任を追求する構え】のようです。


被災地の被災者の方 も同じ気持ちであるのは間違いない事実です。大臣辞任は当然の事であり、そうしなくては被災地の 被災者住民が納得しないと思います。

立場を辞任すれば良いと言う問題ではなく自らも【事実問題 】を認めた以上は一日も早い衆議院議員の辞任を期待します

岩手県庁での達増知事の会談内容は自らが【九州男児】を理由に【東北の被災自治体がどの県なのか分からない】と語りました。


東北の沿岸自治体を中心に大規模被害を及ぼした今回の東日本大震災ですが担当大臣がそんな甘い認識で良いわけがありません。その発言を前提に【知恵を出した自治体は助けるけど、知恵を出さない自治体は助けない 。その位の気持ちを持って】とも話しました。


その後宮城県庁を訪問した同氏は宮城県村井知事に【政府に甘えるところは甘えていい。こちらも突き放すところは突き放す。そのくらいの覚悟でやっていこう】と注文しました。

宮城県が国に要望を重ねている政策に関しては【県で意見集約をきちんとやれ。やらなかったらこちらも何もしない】と口にしただけでなく【お客さんが来るときは、自分から入って呼べ。自衛隊上がりで、分かっているだろう】と村井知事へ向け発言しました。


被災地の被災者の皆さんの立場で許される発言ではありません。本人の性格の言い訳も通用する言葉でもありません。


松本氏の大臣辞任後に岩手県達増知事は 記者会見で【辞任は当然の事、菅総理の任命責任も否定出来ない】とのコメントに重ね、被災地復興の政府の対応強化の為にも【菅総理大臣の早期退陣と政府の対応】を厳しく批判したようです。菅総理大臣自ら辞任を表明した事により民主党がほぼ一枚岩にて菅総理大臣の不信任案の否決を過半数に持ち込んだ民主党議員に対しお礼の姿勢ひとつない菅総理大臣です。


松本龍衆議院議員の退陣要求は東北被災地住民の総意であるであるだけでなく、全国都道府県有権者の共通用語と指摘しても過言ではありません。

国会議員を辞任する必要性は決して否定出来ない暴言でした。


松本龍衆議院議員は東北に二度と足を踏み入れるな、と同時に震災対応が強調されている国会で与野党問わず被災者の想いを理解出来ない国会議員全員全員は辞任の必要性があるように思います。


与野党国会議員体質の現状は被災地に入っても被災地知事、被災自治体首長、避難所関係者だけに会い永田町に戻る政治を見ると何の為の国会議員であるのか、同時に選挙を間近に控えていながら地元の避難所の被災者に長い時間を要して耳を傾ける時間がないほど被災地自治体の自治体議員さんは忙しいのでしょうか。

被災の立場を免れた方々には特にそのように感じるものがあります。

« 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。 | トップページ | 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/40705650

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。:

« 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。 | トップページ | 辞任して当然松本龍衆議院議員、被災地自治体議員さんの今 のあるべき姿勢。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ