« 震災発生から四ヶ月 | トップページ | 先祖の歴史。 »

2011年8月 3日 (水)

夏の甲子園大会組み合わせが決まる。

第93回夏の全国高校野球選手権大会の組み合わせが決まりました。


夏の岩手県大会ではエースで4番の大黒柱大谷投手の登板なしでニ年ぶり六度目の甲子園大会出場を決めた花巻東高校です。


花巻東高校は私学高校ですが他の私学高校にない魅力はレギュラー選手全員が岩手県内各地の出身の選手である事です。

今年の岩手県大会は盛岡大学付属高校が 10年連続夏の県大会 ベスト4入りを果し本県では夏の大会で一番安定した実績を残す同校ですが、レギュラー選手、控え選手を見ても大半が県外出身の選手遠くは四国出身の選手もいるようです。


準々決勝で対戦した盛岡大学付属高校、盛岡中央高校のセカンドの選手は共に住田町世田米中学校の卒業生、即ち後輩です。


盛岡大学付属高校は 一昨年、今年と決勝 進出を前に盛岡一高 、盛岡三高に敗れる結果となりました。

花東エース大谷投手はメジャー注目ニ年生好投手です。

ですがどのような好投手であれ、地区予選の登板なしと言う事はあり得ない話し です。


一度負ければそれで全てが終わる高校野球です。従来相手がどこであれ初戦はエースを確実に登板さ せるのは監督として 当然の判断です。


決勝戦の登板もなくライトのポジションで返球姿勢を見ると 大谷投手は肘に故障を抱え登板不可能な状況を自分の経験からそのように見えるものがありました。

そうであれば甲子園大会とは言え大谷投手の今回の登板はなく、選抜甲子園大会狙いなのかも知れません。


もし登板させたとしても故障を抱えた投手を無理に登板させる事になるように今から見受ける事が出来ます。

« 震災発生から四ヶ月 | トップページ | 先祖の歴史。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/41069639

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園大会組み合わせが決まる。:

« 震災発生から四ヶ月 | トップページ | 先祖の歴史。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ