« よみがえれ、岩手の地酒酔仙。 | トップページ | 今日の住田町運動公園球場の様子です。 »

2011年10月29日 (土)

陸前高田市の復興計画住民説明会を聴講して。

東日本大震災大震災発生による新たな町づくりの為に行政側の立案となる【復興計画】を被災地行政は市町村単位で検討を進めている段階です。陸前高田市は連日のように各地区で住民懇談会を開催しながら地域住民の皆さんに行政当局の立案計画をお示ししている段階です。


ある会場の住民懇談会を聴講させて頂き感じた事です。津波被害で自治体の大半壊滅したのは確かな事実です。


ですが今は行政の防災対策の責任問題を追求している時間はないと思います。今回の津波は仮に陸前高田市が万全な防災対策を講じて来ても被害を免れる事は難しかった事でしょう。その意味で一日も早く行政、住民が一丸となり町づくりの着手を始めなくてはならず行政の立案を批判する時間などないように考えます。

また行政当局も時間をかけ立案をたてた割には復興計画の立案に現実性がないのも事実です。一例で語ると地域の5メートルの地盤傘明けと口で語るのは簡単です。

ですがどの地域にしろ全体の5メートル地盤傘明けは時間もお金も必要です。立案以外に効率性の良い判断がある場合にそちらの選択以外に国県の理解を得る事は難しいように思います

« よみがえれ、岩手の地酒酔仙。 | トップページ | 今日の住田町運動公園球場の様子です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/42730325

この記事へのトラックバック一覧です: 陸前高田市の復興計画住民説明会を聴講して。:

« よみがえれ、岩手の地酒酔仙。 | トップページ | 今日の住田町運動公園球場の様子です。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ