« 国会議員の削減発言 | トップページ | これからの自分。 »

2011年10月23日 (日)

冬場を前に

東日本大震災発生から7ヶ月以上が過ぎました。東北では今年も厳しい冬場の時期を迎える事にもなります。


震災発生後仮設住宅 建設工事が全て終了した時点で先々の課題は被災者の皆さんが仮設住宅での暮らすうえに置いて夏場の【暑さ対策】冬の【寒さ対策】でした。


被災3県のプレハブ仮設住宅冬場に対する【寒さ対策】の断熱工事の進行状況に格差があるようです。


岩手県は行政の立場の冬場の仮設住宅の 断熱対策工事は百%終了しているのに対し宮城県の進捗率は 30%代で全ての工事が終了するのは真冬 の12月のようです。

住田町にある被災者用仮設住宅には住田町特性家庭型ペレットストーブが自治体から提供されるのに対してお隣陸前高田市の仮設住宅には、湯タンポなどの支給で終わるなど余りに格差がある現実があります。

« 国会議員の削減発言 | トップページ | これからの自分。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/42650985

この記事へのトラックバック一覧です: 冬場を前に:

« 国会議員の削減発言 | トップページ | これからの自分。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ