« 黒沢尻工業ラグビー部県大会三連覇。 | トップページ | 人間生きる為に必要な意識、 »

2011年10月24日 (月)

健常者、障がい者の公平な人権推進の為に。

ノーマライゼーション推進、社会的にもまだ多く浸透していない言葉ですが、通称【健常者、障がい者の公平な社会、人権の確率】との意味合いを持つ言葉と解釈しております。 本県知事は全国都道府県知事唯一政府与党籍を持つ知事で、政府は野党時代から政党体質として【弱者保護】分野の政策を盛んに国会で対案化するなどした事からこの問題に感心はあるようです。


ノーマライゼーション推進啓発活動を含め本県は全国都道府県的にも啓発活動の努力の成果があと一歩のように思います。

しかしながら今後は短期間で啓発活動の社会的な実積が求められると共に県民の立場から理解の必要性を義務的要素を抱えているように判断します。


本県は5年後2順目となる岩手国体開催を控えております。

3月初めに三陸沖を未曾有の東日本大震災が沿岸自治体街並みを襲いこれまで国体開催を予定していた競技会場も被災するなどした事から、知事もこれまで開催前向きの姿勢から一転、開催否定的な考えに一度は回りましたが、知事の考えとは別に本庁では【国体推進課】と言う特別部署を設け現在も競技会場の見直し作業などが行われており、国体開催後には 全国都道府県障がい者スポーツ大会が開催されます。何れも全国都道府県に岩手県での開催が恥ずかしくならない大会で終わる為、県民全員がノーマライゼーション推進の啓発活動を理解しない事には開催が難しいだけに今後ノーマライゼーション推進啓発活動の成果を期待したいものです。

« 黒沢尻工業ラグビー部県大会三連覇。 | トップページ | 人間生きる為に必要な意識、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/42666568

この記事へのトラックバック一覧です: 健常者、障がい者の公平な人権推進の為に。:

« 黒沢尻工業ラグビー部県大会三連覇。 | トップページ | 人間生きる為に必要な意識、 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ