« 県立福祉の里センターに杣遊会の創作作品が展示されます。 | トップページ | 頑張れ、新人愛好者 »

2011年11月24日 (木)

ともしびの声たち

12月3日「土」午後17時30分〜20時までの時間を利用して住田町農林会館多目的ホールを利用して「ろうそくの炎がささやく言葉、ともしびの声たちと」題して詩の朗読会が行われます。 


出演者は柴田元幸「東京大学教授」管啓次郎「詩人、明治大学教授、コンテンツ批評」ばくきょんふみ「詩人」地元から山浦玄嗣「ケセン語訳新約聖書、大船渡市在住、医師」などが参加した詩の朗読会があるようです。

3月11日未曾有の東日本大震災発生後、被災地を含め住民は言葉を失いました。

あの地震発生当日に気仙の進学高校野球部前指導者の妹さんに誕生日のお祝いで行く予定が行かなかった事だけは互いにいつも笑い話しですが津波を背に危機一髪で被害を免れたのは本当に偶然でした。命の有り難みを今も感じる意味でとても良いとても良い催しです。

« 県立福祉の里センターに杣遊会の創作作品が展示されます。 | トップページ | 頑張れ、新人愛好者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/43122622

この記事へのトラックバック一覧です: ともしびの声たち:

« 県立福祉の里センターに杣遊会の創作作品が展示されます。 | トップページ | 頑張れ、新人愛好者 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ