« 奇跡一本松のライトアップ。 | トップページ | 被災地に必要なもの、被災地支援。 »

2011年12月25日 (日)

国会議員に求めるべき事、

未曾有の東日本大震災発生から間もなく 10ヶ月になり被災者の方々は仮設住宅で親類宅に身を寄せて生活する方々が以前 約33万人存在するようです。


大船渡市から気仙沼市までの被災地には与野党衆参両院現職国会議員がおりますが被災地は地元選出を理由に本人自らの被災地へのきめ細かな日常活動を被災地住民は期待します。

いずれの国会議員も地元自治体選出の理由があるにしろ地元 自治体国会議員ではありません。


県内で言うと全県市町村、岩手3区選出の代弁者であり現在は与党の要職副大臣の国会議員に有権者 が期待するべき事は 永田町での公務の優先を期待する有権者 の大人の考えが必要です。

« 奇跡一本松のライトアップ。 | トップページ | 被災地に必要なもの、被災地支援。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/43510484

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員に求めるべき事、:

« 奇跡一本松のライトアップ。 | トップページ | 被災地に必要なもの、被災地支援。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ