« 黒沢尻工業ラグビー部に期待。 | トップページ | 弟の帰省 »

2011年12月30日 (金)

今後の沿岸市町村、

論説委員会(声)担当記者 様


震災発生後の新年度は被災市町村公平に復興に向かい本格的始動しなくてはなりません。先ず持って今回震災が何年一度の規模のものであれ海に面した地域住民は今後も津波ありきの基本意識が必要です。今回震災で自宅被災が二度目の経験者もいるからです。 先人の方々が当時の規模の津波を体験し次世代の我々にと、住宅建築制限を呼びかける碑が県内各地に建立されてもいるようです。住宅建築の際、先人の警告を忠実に厳守し考えて自宅を建設して自宅の被災を免れ命が助かった例は沢山あります。反面真逆の現実も多かっただけに今後も先人の指摘を厳守し住宅建設する沿岸沿いの住民の方々の最低限の必要性意識だと思います。

« 黒沢尻工業ラグビー部に期待。 | トップページ | 弟の帰省 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/43557059

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の沿岸市町村、:

« 黒沢尻工業ラグビー部に期待。 | トップページ | 弟の帰省 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ