« 震災発生から9ヶ月 | トップページ | 政治家家族に必要な姿勢 »

2011年12月13日 (火)

被災地首長の基本姿勢。

震災発生から9ヶ月 壊滅的な津波被害を受けた被災地として全国的に知名度アップした陸前高田市です。


同市は震災発生以前からの町づくり方針の「自立・持続の町づくり」方針を現在も撤回しておりません。


自治体の方針としては近郊自治体のどこかの自治体の方針として耳にした事があります。


今回の震災規模に関係なく被災地は復興しなくてはならないように考えます。


岩手県内の被災自治体は復興を実現する策に盛んに「自治体独自の力」独自の力を主張します。ですが被災地独自の力で復興を為し遂げる事が出来る程の規模の震災でない事を被災地首長全員が肝に命じるべきではないでしょうか。


また自らも被災者の立場に変わりはない首長さんもあるのでしょうが再三のテレビ出演の場合で自らの被災者の立場を強調する首長もおりますがいかがなものかと思います。

« 震災発生から9ヶ月 | トップページ | 政治家家族に必要な姿勢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/43366955

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地首長の基本姿勢。:

« 震災発生から9ヶ月 | トップページ | 政治家家族に必要な姿勢 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ