« 被災地に必要なもの、被災地支援。 | トップページ | 自分としての被災地支援の始まり。 »

2011年12月28日 (水)

自分の楽しみ。

未曾有の東日本大震災発生の今年も年末の時期を迎え早くも新たな一年を迎えようとしております。


例年父も私も共通しての楽しみ事項には今は京都府に在住し税理士事務所を経営している弟夫婦がめいを連れて帰省して短いお正月を過ごす事にあります。


先日まで私の膝の上にも乗っていためいの真希は早いもので小学校5年生になりました。


地元行政職員さんに に指摘された言葉に収さん「自分の家の子は成長が遅く、他人宅の子は成長が早いように感じるものだよ」と中学生後輩に言われた事を再三思いますが、この時期正にその言葉通りとの実感します。
弟夫婦は年間2回必ず車で帰省します。

東京近郊在住労働者でもお正月三が日の帰省の方がおられる中ようです。その方々にその方なりの楽しみはあるのはもちろんです。結婚後妊娠の時以外必ず帰省しここ10年嫌な顔一つせず帰省する義妹に感謝する日が今年も迫りました。


めいの誕生直後新幹線で帰宅していた弟夫婦でしたが新幹線で泣き止まないめいを抱き混雑の通路からデッキに出るのを苦労し自動車の帰宅に変えた弟夫婦でした。また帰宅する際の経費、帰宅後にも レンタカーを借りる必要性がない判断です。東日本大震災発生直後大阪京都両府警の方々が住田町社会体育館に宿泊していた時期がありました。

ある京都府警隊員に弟が京都府リサーチパークに事務所を出している旨をお話し すると管轄交番所の勤務歴がある方との事で長い時間京都府 のお話しを聴く事が出来た場面もありました。

« 被災地に必要なもの、被災地支援。 | トップページ | 自分としての被災地支援の始まり。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522169/43544669

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の楽しみ。:

« 被災地に必要なもの、被災地支援。 | トップページ | 自分としての被災地支援の始まり。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ